旅するように生きる 都会OLのホリスティック美Life

都会の華やかな光やきらめきを追うのが好き。だけど時々立ち止まって自然に身を任せたい時もある。 都会と自然のはざまにある止まり木のように、ほっと一息つける「心地よいライフスタイル」自分を好きになる「美容方法」を発信します。

美容家 石井美保さんに学ぶオイル美容

ご訪問ありがとうございます。

 

 

そろそろエイジングケアもしたいなぁと思っていた時に、オイル美容についてトークショーがあると知り行ってきました。

 

コスメキッチン玉川高島屋50周年アニバーサリースペシャルイベント

 

『オイル美容で、うるツヤ幸せ肌に生まれかわる』美容家 石井 美保さんトークショー

 

f:id:dachs0290:20191006204935j:image
f:id:dachs0290:20191006204929j:image

美しい💕

 

 

 

私の美容に欠かせないオイルたち。

 

クレンジングには米ぬかオイル。

 

サンケアには、マカダミアナッツを主成分としたサンケアスキンオイル。

 

f:id:dachs0290:20191006193751j:image

 

デリケートゾーンには、アーモンド油とアンズ核油。

 

口紅や保湿リップは手作りですが、UV効果のあるココナッツオイルをベースに作ります。

 

こうしてみると、結構使いこなしている^^

 

おかげさまで肌の調子は安定しているし、植物のエネルギーをたくさんもらって毎日元気^^

 

 

今回も、美容家さんたちが何をどのように使っているか、オススメの方法を知るべく参加。

 

トークショーで石井美保さんから紹介のあったオイルがこれ。

 

terre d’Oc(テール・ドック) | terre d’Oc (テール・ドック) 正規代理店 / LOLA’S APARTMENT (ロラズアパートメント)アルガンオイル

 

f:id:dachs0290:20191006192129j:image

 

ロッコ原産のアルガンツリーから作られるアルガンオイル

 

オイル美容に敏感な人はご存知だと思いますが、アルガンオイルはまさにエイジングに最適なオイルです。

 

 

それはアルガンオイルの成分や構成比を知ると理解できます。

 

 

アルガンオイルに含まれるビタミンE(トコフェロール)は、活性酸素を除去する抗酸化作用があり、シミやシワを防ぎます。

 

その量はオリーブオイルの3〜10倍!

 

しかも、ビタミンEは酸化防止剤にもなるので、酸化しづらいのも使いやすさの一つ。

 

また主成分のオレイン酸(45%)は、ヒトの皮脂の主成分(41%)でもあり、肌馴染みがよくベタつかないんですよね。

 

ちなみに、オリーブオイルはオレイン酸を75%含みますが、それだとお肌にはベタつきすぎるので、お肌に近い含有量を選ぶのがポイント。

 

注意)

ニキビ肌には、オレイン酸を含む植物オイルは不向きです。ニキビの一因のアクネ菌は、オレイン酸などの脂肪酸が大好物ですので…^^;

ニキビ肌の保湿には、スクワランやホホバオイルをおススメします。

 

 

また、リノール酸はお肌を柔らかくして、ハリや弾力を高めます。

 

化粧水の浸透を高めるブースターオイルとしても使えますね。

 

毛穴レスのお肌は柔らかさと潤いがマストなのです!!

 

オイル美容はそれらを手助けしてくれる強い味方^^❤️

 

石井さんはメイクの上からも艶出しのため頬骨あたりにつけたり、むくみ排出のためにマッサージオイルとしても使われるとのこと💕

 

参考にさせていただきます❤️

 

 

 

とはいえ…

 

私がここまで推しているオイル美容も実はちょっとした知識が必要。

 

ニキビ肌にオレイン酸がNGと知らなければ、ニキビを悪化させてしまうように

 

お肌状態に合わない脂肪酸を含む植物オイルで逆効果になることもあります。

 

あとはオイルの酸化や品質の問題。

 

オイルに限らず、ピュアなオーガニックコスメほど、酸化防止や防腐剤が無添加であるため、保存に気をつける必要があります。

 

 

植物オイルを選ぶポイントも、なぜそれがいいのか?をきちんと理解することなんですよね。

 

お肌状態のことを知って

植物オイルの特徴を知る。

 

こうして考えると難しいけど、闇雲に流行りや口コミで選ぶものではありません。

 

美は1日にしてならず。

自分と向き合い、学びながら得ていくもの。

 

 

結局、一番の美容液は自分の皮脂です。

 

植物オイルの力を借りて、水分と油分のバランスを整え、自分の皮脂をしっかり出すことが大事。

 

 

艶肌目指して

 

まだまだ美の学びは続きます^^

 

 

 

美しくなりたい!その先にあるものは?

ご訪問ありがとうございます。

 

 

先日参加した「自分史上最高の美を手に入れるプログラム」の余韻に浸っています。

あとからじわじわくるやつだ〜

perche.hatenablog.com

 

 

主催者のゆきさんが「ただの美容プログラムではない」と言ったのがよくわかる。

 

テーマが美容と健康のための遺伝子解析だとしても、私が得たのはもっと深いマインドの部分。

 

私たち女性はいくつになっても美しくありたいのはなぜだろう?

 

◾️もくじ

 

 

“美しくなりたい”のその先

 

そもそも

 

“美しくなりたい”という欲求の先にあるものは何か?

 

そこなんですよーー!

 

そこに気づいているかいないか。

 

それを認識しているかいないか。

 

 

結局、女性が美しくなりたいのは

 

愛されたいから

 

ではないでしょうか?

 

誰に?

 

私に!!

 

そう、もちろん男性や親などの他人からも愛されたいんだけど

 

何より自分で自分を「わ❤️いい感じ❤️」と思いたい。

 

いくら周りの人から「綺麗だね。かわいいね」と言われても

 

自分でそう思えていないと、「全然!」「どこが?!」と、他人の言葉を受け取ることなんてできないから。

 

f:id:dachs0290:20190928183653j:image

 

 

他人の評価が気になる理由

 

この、「自分に愛されたい」という欲求を知らないと、美しさを求める基準が他人の評価になる。

 

他人から褒められることにフォーカスしたり、誰かと比べて優越感に浸ろうとしたり、

 

美しくなっても、なっても、ずっと誰かに褒められたくて、自分を見失っちゃうかもしれない。

 

私たちは誰かに褒められたくて、可愛がられたくて、そうでないと不安で

 

なぜなら、自分の価値は

いかに多くの人から愛されているか?

褒められるか?

 

そこにあると思ってしまうから。

 

 

謙遜するのは自信がないからではなく、強さがあってこそ

 

とはいえ、薄々気づいている。

 

本当は自分で自分を好きになりたいのよね!

 

それが美しくありたいという欲望の源ではないかな。

 

f:id:dachs0290:20190928184726j:image

 

ゆきさんがマウイ島で出会った方と話して聞いたというのが

 

日本人の女性は、魅力的なのに自分に自信がない人が多いということ。

 

謙遜の文化があるから…かもしれないけれど、本来、謙遜は自信のなさからくる弱さがベースにあるものではないと。

 

相手を立ててへりくだる謙遜は、強さがある上で行うものだからこそ、相手へのリスペクトとになる。

 

 

私たちはどうして自信がないんだろう?

 

人と比べて、自分にない方ばかりに目が行くからだろうか?

 

いずれにせよ、「自分を信じる」ことができないから弱さが滲み出てしまう。

 

美しければ自信がつくわけではない。

 

美しさを手に入れても、最後は自分を愛して信じられるかどうか、だね。

 

 

小さなことから自分を褒める♡

 

私も美容は好きだし、いくつになっても美しさを求めると思う。

 

だけど、年々増えるシミの数とか(笑)鏡を見てガッカリするのではなく

 

今日一日笑顔でいられたな♡とか

朝早く起きられたな♡とか

スキンケアを丁寧にできたな♡とか

 

そんな些細なことで自分を褒めるようにしたいと思う♬

 

 

大人になればなるほど、褒められることって減る。

だったら自分で自分を褒めるしかない!

 

それがどんなに小さなことでも、

本当はすごくすごく嬉しいから。

 

自分に褒められても嬉しくない!!って人は

 

もっと自分のことをしっかり見つめてあげよう。

 

きっと、自分に厳しすぎるのだよー

 

それじゃ息が詰まっちゃう。

 

自分のことを許さないと、

他人のことも許せなくなる

 

do(何かをする)でも

have(何かを持っている)でもなく

be(存在する)の自分を◎してあげよう

 

 

月並みな言葉だけれど、

「自分を愛する」ってものすごく大事。

 

きっと人が見てパッと美しいオーラを放つ人って、それをとても大事にしている気がする。

 

今日からでも自分のことを褒めよう^^

 

自分史上最高の美を手に入れる♡遺伝子を知り、自分軸で生きよう!

ご訪問ありがとうございます。

 

 

昨日と今日、2日間有給をとって、とあるプログラムに参加しました。

 

 

それが

 

自分史上最高の美を手に入れるプログラム

 

 

これが何かと言うと

 

遺伝子解析+2日間のセミナー・グループセッションです。

 

遺伝子解析は前から興味があったものの、

 

知ったところでどうすべきかがわからないという声も聞くし

 

それをやった人が実際どうなのか…

あまりメリットを感じてなかったこともあり、先送りにしていたんですよね。

 

が!!!

 

いたのですよ〜美しい方が!!

 

それが、深澤ゆきさんです。

↑この記事に共感しまくり❤️ゆきさんのブログは私の心を打つものばかり。

 

 

大人気ですぐに満席となる講座なので、申込開始日にアラームかけて、スタートと同時に速攻で申し込みました(笑)

 

 

初日は、遺伝子とは?という基本的なところから、代表的な3つを中心に遺伝子を学びます。

 

2日目は、さらに他の遺伝子も学び、一人一人に悩みに沿ったグループセッション。

 

 

病気や老化は、遺伝子要因と環境要因だと、明らかに環境要因の方が影響力があるそうです。(環境要因が75%)

 

ということは、遺伝子リスクのあるところは食事や生活習慣で改善できるということ!

 

遺伝子解析により、自分のリスクがある遺伝子を明らかにして、自分にぴったりの健康法、そして美容法を実践することで

 

自分史上最高の美と手にするのだー^^

 

それを証明しているゆきさんの美しさ❤️

 

遺伝子や美容の話だけでなく、ゆきさんが最近行かれたマウイ島での気づき、愛のお話、マインドのことなど、色々聞かせてくれました。

 

自分を知ること

 

自分を愛すること

 

人と比べないで今の自分に◎をすること

 

この2日間はひたすらそんな時間。

 

やっぱり、誰と過ごすかって大事だね。

 

 

 

ちなみに私は、筋肉量が低下しやすいリスクがあり、将来的に代謝が落ちて太る可能性があるので(しかも一度太ると痩せにくい)

 

必要な栄養素をとる&運動をまずは3週間実践することにします!

 

f:id:dachs0290:20190926203845j:image

 

今まで食に関しては、ビオマルシェの宅配をして旬のお野菜を食べたり、調味料の質にこだわったり、自分なりに工夫してみたけど

 

こうして自分の体質や栄養学の観点からも理解できると楽しい^^

 

何より巷で聞く健康法や美容法も、果たして自分に合っているのか?など、判断するときの基準にもなって

 

情報に振り回されにくくなります。

 

 

自分を知るから、他人を知ることができる。

 

自分を許せるから、他人を許すことができる。

 

この学びから得られることは、単に遺伝子だけではなく、自分を知るということ。

 

いい意味で、遺伝子のせいにしよう(笑)

 

そしたらできない自分を責めることもなくなるかも^^

 

 

P.S.

今回私が参加した「自分史上最高の美を手に入れるプログラム」

次回の開催が気になる方は、ゆきさんのブログをチェックしてみてください^^

 

言葉を放つ。モヤモヤして苦しい人へ。

ご訪問ありがとうございます。

 

実は昨日今日と有給をとって、気になっていたプログラムに参加しています。

 

それはまた別に書くとして…

 

 

 

人ってね、思いを言葉にして初めて気付くことが多いなって思うの。

 

悩んでいることを頭の中でぐるぐると巡らせては、複雑になって出口が見えなくなる。

 

結局どうしたらいいかわからないし、

 

モヤモヤするけどなんでかわからない。

 

そんな経験は誰しもあると思います。

 

私も悩むたびにぶち当たる、八方塞がりな心理状態。

 

苦しいんですよねー。。この状態って。

 

 

だけど、その思考の迷路から抜け出す方法があるとしたら

 

言葉にすること

 

それが一番早い気がする。

 

f:id:dachs0290:20190926122551j:image

 

最近流行りのノート術でもいいし、心の中をさらけ出せる人へただただ話すのでもいい。

 

大事なのは、

 

話すことを決して否定されたり口出しされたりしないこと。

 

カウンセラーのように、ただじっくりと話を聞いてくれたり、

 

本質からズレない質問だけを投げかけてくれる人を選ぶことがまず大事。

 

そんな人がそばにいないなら、プロにでも頼めばいい。

 

お金を払ってでも

本当にそれくらいの価値があるのだ。

 

 

言葉にすることで、驚くぐらい自分が大切にしていることや本当の望みが溢れてくるよ。

 

昨日も、とある友人から、仕事や恋愛で何を選べばいいのかっていう悩みを聞いていたんだけど

 

その人が話せば話すほど、本当はこうしたい!っていう思いが伝わってきて。

 

あぁ、自分にとってのベストは揺るがず持っているんだなって思ったんですよね。

 

だけど、ベストを選ぶのが怖いから、セカンドベストを妥協して選ぼうとしている。

 

セカンドベストには情熱や愛を注げないから、そりゃ選ぶのがしんどいよねって。

 

きっとね、たとえ悩み抜いてセカンドベストを選んでも、その後も延々とそのモヤモヤは残っているはず。

 

だって、マイベストが果たされずにその人の中には存在しているから。

 

だからここでやるべきことは、マイベストと向き合う勇気を持つことなんだなって思うのです。

 

一番好きな人と一緒になりたい

 

やりたかったことを叶えたい

 

こうなりたい自分を諦めずに、頑張りたい

 

 

マイベストを果たすために湧き出す情熱やエネルギーは自然発火するもので

 

高いテンションも気合もいらない。

 

だけど、それを着火するための覚悟と勇気だけはいる。

 

みんな、傷つきたくないから

 

一番好きな人や好きなものを手にできなかった時の絶望を味わいたくないから

 

大切なお守りのように、マイベストを夢として抱えていたいのかもしれないね。

 

だけど、ただ認めて、欲しいと言えば

 

手にするルートに乗れるかもしれない!

 

それで結果手にできなかったとしても、きっと諦めはつくと思う。

 

その頃には、一歩進んだ自分になれているから。

 

 

話は戻るけど、何か現状から打破したいなら

 

自分の本音や望みをクリアにすること

 

そのためには、言葉にして外に放つことなんだと思います。

 

 

私も聞くだけじゃなく、同時に話を聞いてもらいながら

 

新たな発見があったり、再認識できたりした。

 

対話って私にとって、これ以上ないくらい価値ある行動です。

 

きちんと、思いを言葉にできているかな?

 

悩んで疲弊する前に、話して(放して)いきましょ^^

 

私の香りを見つける。植物エネルギーを味方にする。

ご訪問ありがとうございます。

 

 

東急グループが発行している無料月刊誌をご存知でしょうか?

 

f:id:dachs0290:20190922141451j:image

 

SALUS (サルース)

 

東急沿線の駅のホームや改札付近に置かれていて、東急線の各駅をテーマに地元の飲食店やお洒落な場所を紹介してくれます。

 

あとは生活の知恵、コラムなんかもあって、これが結構センスいい。

 

で、今月が『“私の香りを見つける"』でした。

 

そうなんです!

精油(アロマ)の話が載っていたーー!

 

読むと簡単なワークがあって、今の私の「お守りアロマ」は何か?を導いてくれます。

 

ワークで点数をつけたら、その点数の該当するグループを見つけ、その中にある精油で気に入ったものを選べばいいという感じ。

 

グループは精油の取れる部位によってわかれています。

 

精油は、木部や樹脂、種子、花、果実、葉、根など、植物によって採取部位が異なります。

 

そして、精油の採油部位は、身体や心理効果に大きく影響すると言われています。

 

え、どういうこと?!

 

ということで、簡単に紹介します。

 

◼︎もくじ

 

 

精油の採油部位と心身の関係について

 

例えば、葉っぱ。

 

葉には気孔という二酸化炭素と酸素が出入りする穴があり、植物の呼吸器です。

 

そしてその葉から取れる精油(例:ペパーミントやユーカリなど)には、咳を鎮めたり、痰を出しやすくしたり、鼻づまりを解消など、呼吸器系疾患に作用します。

 

心理的にも、新鮮な空気を吸うように、気持ちをリフレッシュさせたり、感情のバランスをとりやすくしたりするものもあります。

 

 

他に、根から取れる精油(例:ジンジャーやベチバーなど)を見てみると

 

根っこは大地の恵みを一身に受け、生命力やエネルギーをたくさん含んでいますよね。

 

そこからとれる精油にも使った人にそれをもたらす効果があると言われています。

 

このグループの精油は、何か確固たる土台を作りたいとか、目標へ向かう時に力が欲しいとき、味方になってくれるかも^^

 

 

こんな風に植物の部位が持つ機能が連動して、人間の体に作用するものが結構多いのです。

 

精油の採油部位を知ると、なんとなくその精油の持つ効果やエネルギーを予測することができます^^

 

 

植物の持つエネルギーとは?

 

「エネルギー(気)」というと目に見えないもので、少し怪しいと思われるかもしれない…ですが!

 

「病は気から」というように、古くから私たちの生活に浸透しています。

 

 

精油はその中に含まれる成分がきちんと科学的にも検証され、物質として存在しています。

 

それがメディカルアロマとして、西洋では古くからお薬代わりにその成分が各症状に働きかけてきました。

 

一方で、成分が作用するというよりも、植物のエネルギーが感情や心理に影響を与えるという側面もあります。

 

先ほどの根から取れた精油は、大地のエネルギーをたっぷり含んでいて、

 

そのエネルギーは心を強くしたり地に足をつけたりする…というのは、まさにこのこと。

 

 

フラワーレメディ

 

ところで、成分を含む精油とは異なり、植物のエネルギーだけで心や体のバランスをとる療法があります。

 

それがフラワーレメディ

 

これは100%お花のエネルギーによる療法で

 

1930年代に英国の医師エドワード・バッチ博士によって開発された、心や感情のバランスを取り戻すための自然療法です。

 

植物を太陽の光や煮沸して、そのエネルギーを転写した水であり、

 

それを飲むことで感情に働きかけ、本来の自分に立ち返るというもの!

 

その中身を分析器にかけても、出てくるのは水、保存剤のグリセリンやブランデーだけです。

 

花のエネルギーは、現在の科学ではまだ説明がつかないにもかかわらず、世界中で使われています。

 

お花に限らず、たとえば明るく元気で笑顔の絶えないエネルギッシュな人のそばにいると

 

不思議とこちらも元気になったりしますよね〜

 

フラワーレメディもそんな感じなのかな?笑

 

最近私もカリス成城で二本買ってみました^^

 

 

 

(おまけ)アロマテラピーへの学びは深くて尽きない

 

話はだいぶ脱線しましたが(笑)

 

今月のSALUSは興味深かったので、東急線の駅に降り立つことがあれば、ぜひ。

20日発行だけど、早ければすぐなくなりますのでお早めに。

 

 

私は、飽きっぽくて興味の矛先がコロコロ変わりやすいのだけど、

 

アロマは深すぎていつまでも興味が尽きません。

 

今、なんとなく私も何かの専門家になりたいと思っていて

 

それってアロマではないか!?と思っているところ。

 

メディカル、心理、空間、癒し、トリートメント

 

あらゆる切り口から絶大な手助けをしてくれますからね!

 

一緒に学び合える(語り合える)仲間がいると楽しいな〜^^

 

ということで、引き続きアロマについては勉強していこうと思います!

 

また記事にします。

自分らしく生きたいけど、どうしたらいいかわからないなら、まずはアロマトリートメントをしよう。

ご訪問ありがとうございます。

 

 

縮れた雲が広がる空を見ると

 

待ち望んでいた季節の気配を感じる。

 

なんだかちょっと幸せな瞬間^^

 

f:id:dachs0290:20190921185828j:image

 

 

さて、休日の今日は、セラピスト仲間と月一のトリートメントDAYです。

 

年齢も近くて立場も境遇も職種も似ているからこそ

 

同じペース・同じ感覚で付き合える、大切な仲間のひとり^^

 

セラピストといえど、ふたりとも平日はフルタイムで働くOLです。

 

スクールを卒業しても、感覚が鈍らないように無理のないペースで続けたいよねってことで

 

圧の強さ、手技、流れを確認しあったり

 

新しく得た自然療法の知識を共有したりしています。

 

 

f:id:dachs0290:20190921190802j:image

 

 

私たちは現状に満足しているわけではなく

 

本音を言えば、やっぱり大好きなこの世界で、自分らしい仕事をして生きたいと思っている。

 

 

ううん、私たちに限らず、多くの人が自分らしく生きたいと願っているよね。

 

 

でも、どうしたらいいのか?

なにがしたいのか?

好きなことがわからない

 

考えても考えても、光が見えないから

 

現状にとどまっておこうってなる。

 

 

私たちも迷い、悩んでいる最中で、今こういうスタイルで続けているのだけど、

 

毎回このトリートメント中は、それぞれの素直な思いを語り合う時間でもある。

 

だからこの時間は単にトリートメントをして(されて)、技術を磨くだけではないのだ。

 

心の棚卸し…とでも言うのかな^^

 

裸の付き合いでもあるから(笑)なんだか自然と「こうしたいなぁ」っていうのが、口に出して言えちゃうんだなぁ^^

 

普段は「私の天職ってなんだろう?」って超真面目に考えちゃうのに!(そして迷走しているのに)

 

やっぱり人ってリラックスしている時に自然と夢や願いみたいなのが湧き出てくるよ。

 

だから、みんな!

アロマトリートメントは迷えるあなたに超オススメなんだよ❤️と言いたいーー!

 

 

 

私は自分がトリートメントをしている時に、いろんなインスピレーションが湧いてきます。

 

そして熱く語ってしまう!情熱家セラピスト。

一応…リアルお客様相手だとゆっくりお休みくださいと言わんばかりに静かにしますよ(笑)

 

 

私はセラピストとしてもクライアントとしても

 

人の肌に触れて温度を感じ

 

音楽のようなゆらぎとリズムのタッチで

 

さらにアロマの香りが鼻から脳に伝わると

 

思考よりも感覚が目覚める。

 

だってもう五感のオンパレードですからね。

 

その感覚が、やりたいことや夢を引き出してくれるんだと思う。

 

 

 

前に、アロマトリートメントは空間や世界観が重要!!とブログに綴りましたが

 

それは、心の奥底に眠る思いと繋がるために

 

すなわち、本当の願いや夢、本音に気づくために

 

日常の喧騒や思考から離れる必要があるからです。

 

 

 

perche.hatenablog.com

 

 

小難しく考えずに、リラックスしながら心の棚卸しをする。

 

そんなアロマトリートメントを生活の一部にできたらいいな。

 

感覚の目覚め

 

それがこの情報過多の現代には必要なのかもしれないから。

 

心地よい関係の築き方。

ご訪問ありがとうございます。

 

 

先日、一年ぶりに前の職場の同僚と飲みにいきました。

 

f:id:dachs0290:20190916195139j:image
場所は渋谷の桜が丘エリア♡

 

 

最近、どうも人間関係にモヤモヤ〜が続いていた私。

 

別に誰かとトラブっているわけではなく、なんとなく心の底から楽しいと思える付き合いがない気がして

 

ほんの少しだけど、孤独を感じていたのだ。

 

 

そもそも、自分の居場所はどう作るのだろう。

 

それはやっぱり人との関係の築き方、向き合い方が大事だと思う。

 

 

◼️もくじ

 

 

心地よいコミュニケーションは自己開示から。

 

モヤモヤの一番の原因は、私自身がここ最近、うわべだけの会話しかしてこなかったこと。

 

もちろん、その場は楽しんでいるんだけど、どこか自分の感情は一旦横に置き、まさに“その場にふさわしいような会話”をしている。

 

私、、知らぬうちに自分の殻の中に閉じこもっていたみたい。。

 

久々に会った元同僚は、恋をすれば「片思いしてるの♡」なんてあっさり可愛く言うし、嫌なことには毒だって吐く。

 

あぁ、自分の感情をこうして素直に出す人ってすごく気持ちいいんだな。

 

それと同時に、なんとなく私自身も、私の思いや気持ち、感情が揺れた話がしたくなって

 

結局、私もよく喋っていた。

 

感情や気持ちをそのまま言葉に乗せ、聞いてもらうことの心地よさを感じながら。

 

本気の思いや秘めていた気持ちを語り合えると、相手との距離も近くなる。

 

こうやって熱を帯びた会話に、心が満たされる感覚は久しぶり❤️

 

 

こんな風に、自分の気持ちを相手にさらけ出して自己開示していくと、相手もさらけ出したくなるんですよね。

 

逆にさらけ出さないと、相手もまたしかり。

 

心を通わせるつながりが生まれるのは、お互いに自己開示をするからこそだと気づかされました。

 

 

好きって伝える。

 

そしてね、案外やってないのが、これ。

 

好き!

 

って伝えること。

 

 

私、思わず元同僚に「○○さんのそういところ、すごく好き!」って言ったんです。

 

そしたら、もっともっと元同僚の好きなところが全面に出てきて、会話が面白くなって!

 

誰だって好きって言われたら嬉しいですよね。

 

そしてそう思ってくれる相手に、心を許したくなるもの。

 

だけど、恥ずかしさや今更感があって相手に伝えていない。

 

せっかく思ってるのに。もったいない。

 

伝えないと、伝わらない!

 

だから意識的に伝えるようにして、好きな気持ちは決して出し惜しみはしないのです!

 

 

相手が何を言ってもまず否定しない。

 

仲良くなると、ついやりたくなっちゃうのが

 

相手が話をしている途中で

 

「いや、それはさ〜」

 

と遮って自分の意見を押し付けてしまうこと。

 

良かれと思って…だから、こちらとしては悪気はないんだけど………

 

やっぱり、人は承認されたいんだよね。

それって否定されたくないってこと。

 

とはいえ、意見を言うなってことではなく

 

まずは相手の話が済むまで口を挟まないこと。

 

それを徹底するだけで、相手はこの人と話すと心地よいと感じるみたい。

 

相手も一旦聞いてもらえた満足感で、その後何か意見をされても、すんなり聞けるようになるから。

 

相手の承認欲求を満たすことって、実はものすごい感謝されるのです。

 

 

みんなみんな、認められたいんですよ。

 

それが欲しいがために、頑張りすぎる人がいるくらい。

 

だから認める(ハナから否定しない)ってのがどれだけ求められていることか。

 

 

「それは違うと思う!!」っていう意見の違いはあったとしても、相手がそれを選んだ背景やストーリーがあるはず。

 

それを知りもせず、ハナから否定してしまえばもう話す気も失せちゃいますよね。

 

まずはぐっとこらえ、否定しない姿勢がのちのちの良い関係性に大きくつながります。

 

 

居場所の作り方

 

私も付き合う人が限られるようになり、その分「なんか交わらないなー」って思いも抱くようになりました。

 

だけど、それはさみしいことではない。

 

ある意味で孤独な時間とは、自分との自分だけの時間ができたってことでもあるから。

 

その分、周りの声や雑音から逃れて、自分の正直な気持ちに集中しやすくなる。

 

 

とはいえ、他人との関わりのある自分の居場所を求めたくもなるよね。

 

そんな時は、まずは自分発信で自分を表現するしかないのです。

 

自分は

 

どんなことが好きで

 

どんなことに興味があって

 

どういう時に嬉しくて、悲しいか

 

 

そして、同じように相手はどうなのだろう?

 

本人に聞かなくても分かる情報ではなくて、

 

本人の口から聞けるその人のこと。

 

それを会話の中で聞き出して、素直に気持ちを伝えていく

 

この繰り返しで、自然と居心地の良い自分の居場所は見つかるはず^^

 

 

f:id:dachs0290:20190921164538j:image

 

 

そんな気づきをくれた元同僚の存在は、本当にありがたいなと思う。

 

年齢や境遇なんて関係ないよね。

(実際元同僚は一回り年上の方だし)

 

なんだか人間関係うまくいかないなって思う時は、

 

自分の心を緩めて、殻を破っていこー^^