旅するように生きる 都会OLのオーガニック美Life

都会の華やかな光やきらめきを追うのが好き。だけど時々立ち止まって自然に身を任せたい時もある。 都会と自然のはざまにある止まり木のように、ほっと一息つける「心地よいライフスタイル」自分を好きになる「美容方法」を発信します。

本当の私を取り戻すアロマテラピー

ご訪問ありがとうございます。

 

 

最近、美容とアロマ(精油)熱が過熱しています。

 

手作りコスメ仲間であり、私のNARDアロマアドバイザーの師でもあるのりこさんから

 

アロマアナリーゼというアロマによる心理分析の情報を聞きつけ

 

早速本を購入。

 

【香りの心理分析 アロマアナリーゼ】〜 今日からあなたも精油の翻訳家〜

【香りの心理分析 アロマアナリーゼ】〜 今日からあなたも精油の翻訳家〜

 

 

これが私の中でかなりハマりました。

 

精油の化学的薬理効果はアロマの勉強された方はだいたい知るところだけど、

 

精油の香りから自身の深層心理にアクセスするという別の切り口から精油をとらえるのがとても興味深い。

 

 

f:id:dachs0290:20190615102808j:image

 

 

何より日々仕事や考え事に追われて、思考だらけの私には、感覚でものを選ぶということに飢えていて(笑)

 

 

なんとなくこの香りに惹かれる…

 

そこに明確な理由なんてなくていいのです。

 

ただ、好きか嫌いか。

 

そしてそこからイメージされる色や人物像、風景を語ります。

 

初めは「精油から人物像??」って戸惑います(笑)

だってそんなこと考えないからね、普通は。

 

 

でも、"普通"を取っ払って自由な発想で語ることって、なんとも言えぬ気持ちよさがあるの。

 

あ、そうか。

これが自分の深層心理にあるものが解放されるということか。

 

…そんな感じ。

 

早速簡単なセッションをしてもらったけど、自分では気づかなかった思いを口にしていたからびっくり。

 

ちなみに、私がその時選んだ精油

 

イランイランとベルガモット

 

正直イランイランは苦手な精油だったのに!

(なぜかその時心地よく感じられて気になった!)

 

イランイランもベルガモットもテーマは

 

  解放  

 

抑圧しているもの、プレッシャーから解き放たれて、リラックスしたい時に好むそうです。

 

 

え!プレッシャーなんてあったのか!

 

と、自分の鈍感さゆえにまだまだ頑張れる!と無理してしまう自分に気付かされたのでした。笑

 

もっと力抜いていいんだよ。

 

今のあなたですでに完璧なのだから。

 

そう言われた気がして、不思議と気持ちが穏やかになる。

 

精油の本質に触れると、少しずつ意識の扉を開いてくれるから。

 

自分のことをもっと理解して、優しく大切に扱えるようになれば、自己否定も罪悪感も自然と消えていく。

 

中庸、調和、バランス、無

 

本来の私たちに還るということかな。

 

 

それでね、このアロマテラピーの真髄と言えば、やっぱりトリートメントかなって。

 

月一でトリートメントやってるけど、美容のためだけではない、植物療法から癒しをもたらすアロマトリートメントをもっと磨きたいなって思います。

 

 

 

アロマと心理学、そして美容。

 

私のこれからのテーマになりそうです。

 

 

 

こちらの本もおススメ❤️

 

 

 

素敵な靴は素敵な場所へ運んでくれる。

 

ご訪問ありがとうございます。

 

私の尊敬するイメージコンサルタント田中貴子さん

 

 

2年前くらいにお世話になり、その時の教えを今また噛み締め、実感している。

 

 

良い靴を履きなさい

良い靴は履き主を良い場所に連れて行ってくれる

 

 

f:id:dachs0290:20190526113632j:image

 

 

有名な言葉ですね。

 

貴子先生にも同じことを言われたことがあります。

 

洋服よりも靴にお金をかけなさいと。

 

 

もちろん、頭ではわかっているつもり。

 

だけど、

 

良い靴って、高級ブランド靴?

 

JIMMY CHOOとかChristian Louboutinとか?

 

そんなの普通のOLには贅沢すぎる!!!

 

と、どこか現実的でなかった当時。

 

結局、歩きやすさや合わせやすさで選ぶ。

 

そう、靴は消耗品。。

 

 

だけど、一足だけ長年大切にしているヒールがある。

 

 

ビビットカラーでピンヒールだし、ヒール自体高いし、長時間歩くのはきつい(笑)

 

だけど、足にフィットするから履き心地がよくてお気に入り。

 

 

昨日なんとなく、その靴を久々に履いてみた。

 

身につけた瞬間、驚くほど女性らしい気持ちに。

 

そして鏡に映る足元を見ると、我ながらうっとりするのだ。

 

f:id:dachs0290:20190526114037j:image

 

 

…そうか。この感じ。

 

もちろん高級ブランド靴は細部までのこだわりと、それ相応の価値がある憧れの靴。

 

でも、別に高級ブランドではなくても、足元を美しく見せる靴は素敵な靴。

 

自分の気持ちがこの靴を履くことで高まるから、きっと自ら素敵な場所へ赴くのかと気づく。

 

その靴を履いて夜、彼と街を歩いた時、いつもより優しくされたし(笑)

 

幸せな気持ちにしてくれる。

 

たかが靴、されど靴。

 

 

街を歩く人を見ると、きちんと手入れされた靴を履く人はやはりどこか佇まいが美しく見えます。

 

知性ある美しさを纏う人は、きっと靴の威力をよく存じているのでしょう。

 

 

大人の美容とは奥が深い。笑

 

楽しみましょうね♡

ホンモノを見極めることは自分を知ること。

ご訪問ありがとうございます。

 

今日もこの時期にしてはかなり暑い日ですね〜

 

 

さて、5月よりスタートした

新しい時代『令和』

 

英語で説明すると「beautiful harmony(美しい調和)」だそうで^^

 

素敵な響き。

 

調和…まさに日本人の精神性という感じです。

 

国際化が進み、個性を光らせることが求められている中でも

 

他者との関係性のバランス(コミュニティ)、

自然と文化のバランスを大切にする日本人スピリットはこれからも守っていきたいなぁ…なんて。

 

最近日本人でよかったー!と思うことが多くて

 

こないだも身内の結婚式で着物を着たのですが

 

着物の生地や模様、色彩や色調、帯の結び方、しとやかな髪の結い方

 

そのどれにもトキメいてしまった♡

 

和服の魅力がわかるようになったのも、歳とったということかな^^;


f:id:dachs0290:20190525220945j:image

 

着物もそうだけど、

 

いつの時代も後世に残るものは本物です。

 

まがい物やコピー品は一時的なファッション的な感覚で楽しめばいいけど

 

やはり本物は永久的。

 

だからかな、何かを学ぶときも

その道の第一人者から話を聞きたいし、その人から真髄を学びたいです。

 

残念ながら、本質の一部から切り取ったものや、本質から逸れたものをあたかもそれであるかのように言う人もいるんですよねー。。

 

 

何を選ぶのも、何を信じるのも自由。

 

だけど、選ぶ基準はしっかり持っておく。

私は自身にそう言い聞かせています。

 

とはいえ、たまに損得で考えてしまうとかもある(笑)

 

そんな時は

 

そもそも何のためにそれを選ぶのか?

→別に得するためじゃないよね!

 

自分の心の本質的なところに立ち返ります。

 

 

情報量が多すぎて迷いまくりな現代人は

 

自己を知ることはもはや必須科目です。

 

週末のセルフリトリートで自分と向き合おう。

この週末は初のリトリートにチャレンジ!

 

リトリートとは…

リトリートという言葉は、日本語では転地療法、つまり普段の場所いる場所から離れ、非日常な空間(森林浴や温泉地など)で疲れを癒すこと。

自分と向き合い、本当の自分とつながることで自分を見つめ直すことができる。

 

 

そんなわけで、弾丸で温泉地に行こうかと思って宿の予約ページまで行ったけど

 

まずはお金をかけなくてもできることからやろう!(じゃないと、リトリートするにはお金をかけなければならないというイメージを自分に植え付けてしまう!)ということで

 

 

こちらの本を参考に進めています↓

 

自分と丁寧に向き合う週末セルフリトリート~日常から離れて心と体をリセットする31のワーク~

自分と丁寧に向き合う週末セルフリトリート~日常から離れて心と体をリセットする31のワーク~

 

 

著者のエレナさんにはお会いしたことがないけれど、以前もブログで紹介したことがあります。

 

 

 

リトリートをする前に決めることは

 

  1. 目的
  2. 重点を置くこと
  3. 手放したいこと
  4. リトリートを終えてどうなっていたいか?

 

 

私はこう↓

  1. 自分の棚卸しをしてクリアにしたい
  2. 自分の本音と向き合い、受け入れる
  3. ネガティブ思考や迷い
  4. 思考がクリアになって身軽になる、やりたいことをどんどんやる

 

 

これまでも散々自己の棚卸しをして、行動してきたつもりだったけど、

 

ここに来てまたモヤモヤしているので…!!

(そんな時期?)

 

まずは、今の自分の価値観を明確にします。

 

ズバリ、人生で大切にしていること

 

いくつも書き出して、その中から5つをセレクト。

 

私のNo. 1は…

 

自由で何にもとらわれないこと

 

自由とは?

 

✳︎心の自由

✳︎時間の自由

✳︎経済的自由

 

 

そして、それらをひとつひとつ紐解くとさまざまな思い込みが見つかるのです。

 

 

心の自由が欲しいくせに

 

人の目や社会常識、他者の意見を気にして、自分で自分を抑圧して不自由にしている。

 

時間の自由は

 

普段の仕事にとられる時間を不自由だと感じている。

 

だけど仕事がしたくないわけじゃない。

今の自分の価値観に沿わなくなっている仕事だから不自由に感じるだけであり、逆にいえば、最初にあげた自分の価値観に従った仕事を見つけていけばOK!

 

 

経済的(お金)自由は

 

ない!!と思っているけど、毎日割高なオーガニック野菜食べたり、都心にある便利なマンションに住んでいたり、学びや自己投資に費やしたりしている…

 

…この時点で十分お金による豊かさを受け取ってるじゃないかー!!

 

 

みたいなね。笑

 

 

このワークをやって気づいたのが、

 

全ては「自分の価値観が何なのか?」が基準となるから、それは明確に知っておいた方がいいということ。

 

何となくモヤモヤしていたのは、明らかにこの価値観から外れた状態になっているから。

 

さらにモヤモヤを紐解くために、次はマインドマップというものをします。

 

モヤモヤというキーワードから、それに連想するキーワードを繋げて関連図を作っていく作業。

 

これがとっても気づきが多くて!

 

自分の中でえぇ?!っていうのが出てきた。

だけど、これが自分の本音なのだろう。

 

 

1日目の午前中だけで結構整理されてきたので、午後は大好きなオーガニックランチを食べて再開します。

 

f:id:dachs0290:20190525131510j:image

f:id:dachs0290:20190525131514j:image

祐天寺にあるRAKU SOEURのオーガニックハーブ牛のハンバーガー❤️

 

 

ちなみに予約していこうとしていたホテルはこちら↓

 

 

今回はひとまず見送りになったけど、近々行ったらまたレポートしたいと思います。

心の棚卸し。高望みも上等。

ご訪問ありがとうございます。

 

ふと空を見上げると満月でした。

 

満月の日は感謝と手放しをするといいそうですね。

 

こんな日は自分の心の棚卸しをします。

 

 

私にとって本当に大切なものは?

どんなライフスタイルで生きたい?

誰と過ごして、何を語りたい?

 

 

そんな自分の価値観を、自分が一番知っておいてほしい。

 

案外、自分の本音ではなく、他者や社会的評価を自分の価値観だと思い込んでしまっていることがあるから。

 

例えば、

 

都内の一等地で広くて大きな家に住みたい

自立したキャリアウーマンになって、たくさん稼ぎたい

刺激的な仲間と高め合いたい

 

とかね。

 

実は私、以前はそう思ってたけど、本当の望みは全然違った。笑

 

 

静かで空気の澄んだところに住みたいし、

できればゆるゆるマイペースに仕事をして、家では美味しいお料理作って、家族と楽しく食事して、ゆっくり寝たい。

コスメやスキンケアを追求して、年齢を重ねても美容を楽しみたい。

 

 

今の私はこっちがしっくりくる^^

 

もちろんその時々で変化するかもしれないけど、常にその時の自分の気持ちに問いかけていけばいいのです。

 

決して世間でいう幸せや成功の定義に惑わされない、

 

そのための自分の心の棚卸しを。

 

f:id:dachs0290:20190519220556j:image

 

 

本当の望みを知るとき、

 

[今の与えられた環境でできること]じゃなくて

 

その枠を超えた、基盤すらも作り変えるくらいの今の自分とかけ離れていたって大丈夫。

 

それを否定しないで、そんな高望みする自分がいることを認めてみる^^

 

 

高望み、上等。

 

無謀なチャレンジ、それこそが人生を彩るもの。

 

 

本音を知るのは

それくらい難しく

それくらい面白いはず。

 

 

まずは諦めてしまったことを思い出してみようかな^^

 

そこで燻っているのなら、まだまだ望めばいいってことなのだから。

 

誰だって、心のあり方は自由です。

 

もっともっと、自分の気持ちを解放していこう。

 

何よりもまずは自分に愛を込めよう。

自分のために

どれだけ愛を込めて生きていますか?

 

そう問われると、案外「う…そんなこと考えたことなかった」ということが多いです。

 

忙しい私たちって、“考えずに”なんとなく日々を過ごしているから。

 

とはいえ、目の前の問題、例えば頭を悩ます仕事、タスク、人間関係、将来の不安、病気、お金、過去のトラウマ…そういうのはいつも考えてしまうもので…(笑)

 

だから[何も考えてない]わけではなく、いつも何かしら思考をしているという方が正しい。

 

そして普段そういう思考だらけだから、自分のためにというのは後回しになりがちなのかも?

 

f:id:dachs0290:20190513135856j:image

 

 

自分のためにというと、なんだか自分のことばかりでエゴ的で自分勝手なイメージを持たれるけど、違います。

 

自分のために自分を満たすことは、他人に優しくすることの第一歩なのです!

 

 

有名な話で、シャンパンタワーの法則というのがあります。

 

f:id:dachs0290:20190513140925j:image

 

グラスを満たす順番が


一番上のグラス…自分
二番目のグラス…家族
三番目のグラス…友人やスタッフなど
四番目のグラス…お客様や取引先
五番目のグラス…他人、社会


一番上の自分を満たし
溢れ出たもので、自分の周りの人々を満たしていくというものです。

 

自分が満たされていないと、その下段にある自分の周りの人々を満たすことはできません。

 

これと同じで、自分自身に愛を込めて満たしてこそ、人に優しくできるものなんですよね。

 

 

なんだか日々をこなすことに必死ならば

 

ふと立ち止まって、自分のために愛を込めている?と尋ねてみてくださいな。

 

f:id:dachs0290:20190513141828j:image

 

その答えが“ノー”であるならば、ちょっと頑張りすぎです。

 

自分へ愛を込めましょう^^

 

自分に愛を込めるって?

 

私だったら、仕事を休んでお気に入りのカフェのテラス席でのんびりランチタイムをとることとか

 

休日に静かな場所で読書をするとか

 

手の込んだ料理をして、身体に優しい食事をするとか

 

欲しかった洋服を買っておしゃれな場所に行くとか

 

ひたすら寝て過ごすとか(そんなダラダラする自分に許可◎をしてあげてね)

 

わりとミーハーなことをすると喜びます(笑)

 

 

誰かに満たしてもらう、してもらうのではなく

 

自分でしてあげること

 

ここがポイントです。

 

そして自分という器に注がれだエネルギーが9割くらいになってから、他人へ目を向け始める。

 

きっとその時には笑顔の自分が増えているはず^^

 

周りの人もたくさん幸せに

 

周りの人からもたくさんの愛を受け取れる^^

 

 

そんなわけで、優しいあなたは

 

自分がとっとと幸せになってもいいんだ

 

と、覚悟を決めて。

 

それが誰かを幸せにすることに繋がるのだから。

 

この世でいちばん美しいのは…♡

発売当初の今年4月初旬に買った本で、今日ようやく読み終えた本

 

『この世でいちばん美しいのはだれ?』

この世でいちばん美しいのはだれ?

この世でいちばん美しいのはだれ?

 

 

私の好きな女性の一人、神崎恵さんの本です。

 

神崎さんの本はいくつか持っています。

 

単純に本のビジュアルも好みで、美しい神崎さんの写真を眺めるのも好きだし

 

その美しさと可憐さが言葉にも表れていて、女性として憧れる存在。

 

実際にお会いしたことがあるんだけど、(以前の出版時のビューティ講座で)

 

とにかくお肌ツルツルで美しいのはもちろん、親しみやすくて可愛かった…♡声まで可愛い♡

 

f:id:dachs0290:20190512164342j:image

その時もらったサイン本

 

 

言葉には内面の知性が宿るし、本の中に人を魅了するエッセンスが散りばめられています。

 

あの人がいつも色っぽいワケ ~「なんか気になる女」になる。

前作もときめきまくりでした。笑

 

綺麗は、女性の希望

年齢に流されず輝き続けるその正体は、知識と行動、そして意識

 

 

若い頃は、つい顔の造形に美しさがあると信じて

 

生まれつき持ったこの顔や身体に絶望したり(笑)、美人に生まれたら得だよねぇ〜なんて羨ましく思ったりもしたけど、

 

大人になってからは、どうも美しさは造形だけで生まれるものではないというのがはっきりわかってきた。

 

じゃあどうすれば?

魅了する美しさ、ハッとさせる雰囲気を纏わせるには?

 

あんなに悩んだ顔はそんなに関係なく、ここからは、綺麗になるセンスを磨いてきた人が輝き始めます。

 

 

そうか。

 

綺麗になるセンス。

 

 

美しさを纏うために、私たちは知ればいい。

 

そして知ったらそれをやってみればいい。

 

その意識を持ち続けたらいい。

 

知識と行動と意識で、だれだって綺麗になるもの。

 

 

美しい人の言うことを信じ、 それを自分の日常に落とし込んで、日々のケアを積み重ねていく

 

そして美しくあるという意識を忘れない。

 

美は1日にしてならず。

 

 

美を諦めたり、自分には縁のないことと思えばそうなるけど

 

「美しくある」ってやっぱり女性にとっては希望であり喜びなんですよね^^

 

ストイックに美を追求するのではなくね。

 

喜びを感じられる自分はどんな姿かな?って想像してみて…

 

きっと笑顔になれるのは、それを楽しんでいる時。

 

 

 

この世でいちばん美しいのはだれ?

 

…その答えはもう明白♡

 

 

綺麗な顔より、幸せそうな顔になろう。