旅するように生きる 都会OLのホリスティック美Life

都会の華やかな光やきらめきを追うのが好き。だけど時々立ち止まって自然に身を任せたい時もある。 都会と自然のはざまにある止まり木のように、ほっと一息つける「心地よいライフスタイル」自分を好きになる「美容方法」を発信します。

美意識を高める2020年手帳

最近、2020年の手帳が発売されはじめて、早くもどれにしようかドキドキしています♡

 

ここ数年プライベート用の手帳は使ってこなかったのですが

 

今年は手帳によるセルフマネジメントをしよう!と、こちらを使っています。

 

f:id:dachs0290:20190907205316j:image

(画像は公式サイトより拝借しました)

 

このビューティーライフダイアリーのプロデュースはこのブログでちょいちょい出てくる長谷川エレナ朋美さん♡

 

と言っても、実際お会いしたことはないんですが^^;

(ブログや書籍だけでもものすごい気づきを与えてくださいます)

 

f:id:dachs0290:20190907213801j:image

色はブルー

 

私の手帳の使い方は、特にこうしなければ!というルールはありません。

 

だけど、毎日開くようにして、自分の望むあり方ややりたいことを思い出すようにしています。(日常に追われると、案外こういうのを忘れる)

 

 

使ってみて個人的にいいなと思うのは

 

月の初めには、マンスリーbeingページがあるので、その月のゴールとそのために必ずやること&やりたいことまで落とし込み

 

月の終わりにフィードバックをして振り返りができるところ。

 

f:id:dachs0290:20190907210845j:image

 

そして、ウィークリーページの一日に、その日の出来事や気分をメモします。

 

あとは生理日の記録とウィークリーページにある今週のコラムは毎回活用しています。

 

 

私の中で手帳は、予定を書き込むこと以上に、出来事やその時感じたことを記録したり、振り返って自分を見つめたりするツール。

 

そうするとだんだん一年の自分の変化や調子というものが見えてくるのだ!

 

この時のあの出来事がきっかけで、こうなったんだとか

 

この辺の時期は落ち込みゾーン入っちゃってるな…とか。

 

渦中にいる時って、案外自分のことが見えてなかったりするけど

 

少し落ち着いた時に振り返ると、冷静に自分を見ることができるんですよね。

 

そんな時に何かしらの記録があると、新たな自分との向き合い方を発見できるなぁ!と、ここ9ヶ月ほど使ってみて感じています。

 

 

そんな感じで、この手帳は結構お気に入り♡

 

来年の手帳も引き続きこちらを使おうかな…と思っていたけど

 

ここに来て美意識が高まってきた私、

これも気になる^^

 

 

憧れの神崎恵さんプロデュース♡

 

詳しい内容がこちらのページに載っていました。

 

色も悩む〜^^

 

また店頭で実物をチェックしてみたいと思います。(9/15発売らしい)

 

 

手帳に書き込む時間は自分と向き合う時間。

 

書くって作業自体が、セラピーになる♡

 

自分との対話のツールに手帳を使ってみることをオススメします^^

過去でも未来でもなく、今を見つめること。

ご訪問ありがとうございます。

 

 

夏が…もうすぐ終わります。

 

けれど、私は夏の終わりが結構好きです。

 

涼しい風が吹き始め、あたりが暗くなるのも早くなり、ちょっと物悲しくなるこの感じ。

 

なんでもそうだけど終わりが見えると、心が"今"に戻ります。

 

夏の終わり特有の涼しさや物悲しさは、まさに今のこの空気感や雰囲気を味わうことになるからですかね。

 

f:id:dachs0290:20190907172325j:image

 

日々、何かしらの不安を抱える私たちって普段過去か未来に目を向けがちです。

 

過去のあの時ああだったから…

 

私はこういう人間だから…

 

これまでもこうしてきたから…

 

と言った過去ベースの私と

 

 

将来が不安で…

 

この先のことを考えると…

 

将来のために…

 

と言った未来ベースの私。

 

 

これらのどちらかをベースにしたまま、なにかの選択をしてしまうんですよね〜…

 

基本的に過去も未来も、今この瞬間の視点からは外れているし

 

不安がベースであれば怖くて動けない。

 

決断できないから先延ばしにする。

 

そんな経験も何度かある^^;

 

 

だけど、終わりを意識すると、今この瞬間がいかに価値あるもので大切なのかに気づく。

 

過去とか未来とか、そんなことより

 

今をもっと楽しんでおかなくちゃ!とか

 

今こんなに恵まれてたのに…!とかね。

 

 

夏だっていつかは終わる。

 

今のこの自分の生活や環境だって、いつかは必ず終わりがやってくるのです。

 

 

それならば、今のこの瞬間を過去や未来の不安でわざわざ埋めないで、

 

純粋に楽しいことを選べばいいね^^

 

"いつか"のために今我慢するのはやめて、

 

欲しいものは"今すぐ"手にすればいいのさ^^

 

過去のトラウマや自分にはできないというのも

 

自分が勝手に作り出した思い込み。

 

昨日までダメなことが今日はできるかもしれない…

 

いや、ひょっとして昨日までダメなことは、今日できるようになるための伏線だったのでは?

 

そう思い込んだって別にいいんです^^

 

どっちを採用するかは自分で決められるんだから、

 

だったら、都合よく選んでもいいのでは?

 

 

そんな私は、今、楽しいことをひたすらに選ぶ。

 

今、心が震えるもの

今、テンションあがっちゃうもの

今、好きな人

今、笑えること

 

大事なのは、選んだそれを「正解」にすること。

 

これが「正解」なんだって決めること。

 

そしたらもっと勇気を持って、自分で人生を開ける気がしてくる。

 

迷って進めないで立ち往生してるうちに

 

時間は過ぎ去っていくから

 

どんどん今を感じて、今を生きたいと思う。

 

f:id:dachs0290:20190907173344j:image

 

 

 

"30代女性"の振る舞い方に悩む。

こんにちは。

 

気づけばアラサーを通り越し、30代も板についてきました。

 

思うんですけど、30代って不思議すぎる!笑

 

20代の頃は、まだライフステージの共通点が多くて

 

卒業、就職、キャリア、恋愛、結婚…

 

そんな人生の岐路を横並びで進んできたけれど、

 

30代ともなると、人によってステージも違えば世界もバラバラ。

 

かといって、無知を売りにしてかわい子ぶっていい娘では正直もうないし(笑)

 

とはいえ、まだまだ未熟でもある。

 

そんな、どっちつかずで可愛いともオバさんとも言われる年代。

 

一体どう振る舞えばいいのだ???笑

 

f:id:dachs0290:20190701204855j:image

 

 

現在33歳、私の話をすると…

 

20代でやりたいことを仕事にしたい!!と新卒で入社した某大手企業を4年足らずで辞め、夢と希望を持ってチャレンジした。

 

今思えば、とても自由だった。

 

恋愛も遊びも死ぬほど楽しんできたけれど

 

私の中の人生の優先事項は、

やっぱり納得した仕事をすること=生き方そのものだったから。

 

 

 

仕事とは、誰かに価値を提供して、幸せにすること

 

仕事とは、私を表現するもの

 

私の考える仕事の定義がこうだから、少しでもそれと違うと感じると、途端に苦しく、つらくなってしまう。

 

そう、結構夢見がちで理想主義。

 

だから、30代半ばになった今、私は何度も思う。

 

もっと割り切れたらいいのに。

 

折り合いをつけて、諦められたらいいのに。

 

夢なんて抱かずに、期待なんてしなければいいのに。

 

…でもできない。

 

そんなもんだよって諦めたら楽になれるとわかっていても、

 

思考が勝手にそっちに行ってしまう。

 

私の求める仕事(生き方)がきっとできるはず

 

というほうへ。

 

f:id:dachs0290:20190701212422j:image

 

 

思い通りにならない現実を突きつけられても

 

変わることのない頑固な部分こそ

 

もう自分なんだなぁと

 

今では笑って認めています。

 

理想ばかり追いかけて、地に足が付いてない自分は

 

子供じみて情けないのは承知(笑)

 

でも、そうじゃない自分を演じても苦しくなるだけだから、開き直って貫けばいい。

 

 

本当は年齢、立場なんてどーでもいいし

 

20代だろうが30代だろうが

 

還暦を過ぎた60代以降だろうが

 

"年代らしさ"に合わせて生きることはない。

 

だから

 

「どう振る舞えばいい?」の問いの答えは

 

好きに生きたら?

 

でいいんだと思う。

 

 

あ、自己完結しちゃった!笑

心は嘘をつき、身体は嘘をつけない。

こんにちは。

 

アロマテラピーをやっていると、ココロとカラダについてよく考えるようになるんだけど

 

ココロは嘘をつく

カラダは嘘をつかない

 

っていうのがあります。

 

 

読んで字のごとく

 

心で思うことは嘘がつけるが、

身体に現れることは真実でしかない。

 

だから、いくら「疲れていない」と言っても思っても、

 

身体に何かしらSOSサインが出ていたら、間違いなくあなたは疲れています!

 

 

私もわりと無自覚にやりすぎるタイプで…疲れてないと思っていた(むしろ自覚がない)ある日…

 

お肌にニキビ(吹き出物?笑)が出たり、ものもらいができたりして、

 

あ、疲れてんだ…私。バタっ(と寝倒す)

 

ということがしょっちゅう。

 

私のような方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

昔はこんなことの繰り返しで、でもなんだかんだやれてしまっていたから気にすることなかったけどね。

 

でも、やっぱり、自分に優しくしてあげてほしいな。自分だけは。

 

 

f:id:dachs0290:20190630151141j:image

 

 

 

だって、そうでしょう?

 

身体からのメッセージ、

それは自分が自分に「休んでください!!」と言ってるようなもの。

 

無視されたらもっともっと気づいて!!

と、ますます無視できない状態にする。

 

それが心や身体に病気となって現れる。

 

休んでねって。

 

 

 

病気は自分への愛

 

とも言えるんですよね。

 

病気っていっけんネガティブなものかもしれないけれど、

 

そう思えたら、これまで頑張ってきた自分にもう頑張らなくていいんだよって、優しくしてあげられるんです。

 

できれば、そうなる前にちょっとした自分の身体の変化に目を向けて

 

「あ、今私疲れてる!」と気づくだけでも、気持ちや体は癒されます。

 

うまくいかなくて、全然思った結果を残せない自分

 

すぐに辞めたくなる自分、続けられない自分

 

すぐに弱ってメンタルやわやわすぎる自分

 

どんな自分でも◎をあげよう^^

 

そしてたくさん寝よう。

 

(眠れなかったらアロマオイルを取り入れて❤️)

 

f:id:dachs0290:20190630150209j:image

 

 

私は信頼できるアロマセラピストさんがいます。

 

セラピストさんから、アロマトリートメントを受けて心と身体をゆるゆるにほぐします。

 

 

香りは嘘をつけません。

嗅覚は本能と直結しているから。

 

 

久しぶりに頑張りすぎてクタクタだった私も

 

自分に甘く、心に従う生き方をしようって思えた。

 

忙しいと聞こえなくなる心の声

 

それを拾うのもやっぱりまずは身体を観察することから。

 

 

休日、自分を見つめてみてくださいね^^

本当の私を取り戻すアロマテラピー

ご訪問ありがとうございます。

 

 

最近、美容とアロマ(精油)熱が過熱しています。

 

手作りコスメ仲間であり、私のNARDアロマアドバイザーの師でもあるのりこさんから

 

アロマアナリーゼというアロマによる心理分析の情報を聞きつけ

 

早速本を購入。

 

【香りの心理分析 アロマアナリーゼ】〜 今日からあなたも精油の翻訳家〜

【香りの心理分析 アロマアナリーゼ】〜 今日からあなたも精油の翻訳家〜

 

 

これが私の中でかなりハマりました。

 

精油の化学的薬理効果はアロマの勉強された方はだいたい知るところだけど、

 

精油の香りから自身の深層心理にアクセスするという別の切り口から精油をとらえるのがとても興味深い。

 

 

f:id:dachs0290:20190615102808j:image

 

 

何より日々仕事や考え事に追われて、思考だらけの私には、感覚でものを選ぶということに飢えていて(笑)

 

 

なんとなくこの香りに惹かれる…

 

そこに明確な理由なんてなくていいのです。

 

ただ、好きか嫌いか。

 

そしてそこからイメージされる色や人物像、風景を語ります。

 

初めは「精油から人物像??」って戸惑います(笑)

だってそんなこと考えないからね、普通は。

 

 

でも、"普通"を取っ払って自由な発想で語ることって、なんとも言えぬ気持ちよさがあるの。

 

あ、そうか。

これが自分の深層心理にあるものが解放されるということか。

 

…そんな感じ。

 

早速簡単なセッションをしてもらったけど、自分では気づかなかった思いを口にしていたからびっくり。

 

ちなみに、私がその時選んだ精油

 

イランイランとベルガモット

 

正直イランイランは苦手な精油だったのに!

(なぜかその時心地よく感じられて気になった!)

 

イランイランもベルガモットもテーマは

 

  解放  

 

抑圧しているもの、プレッシャーから解き放たれて、リラックスしたい時に好むそうです。

 

 

え!プレッシャーなんてあったのか!

 

と、自分の鈍感さゆえにまだまだ頑張れる!と無理してしまう自分に気付かされたのでした。笑

 

もっと力抜いていいんだよ。

 

今のあなたですでに完璧なのだから。

 

そう言われた気がして、不思議と気持ちが穏やかになる。

 

精油の本質に触れると、少しずつ意識の扉を開いてくれるから。

 

自分のことをもっと理解して、優しく大切に扱えるようになれば、自己否定も罪悪感も自然と消えていく。

 

中庸、調和、バランス、無

 

本来の私たちに還るということかな。

 

 

それでね、このアロマテラピーの真髄と言えば、やっぱりトリートメントかなって。

 

月一でトリートメントやってるけど、美容のためだけではない、植物療法から癒しをもたらすアロマトリートメントをもっと磨きたいなって思います。

 

 

 

アロマと心理学、そして美容。

 

私のこれからのテーマになりそうです。

 

 

 

こちらの本もおススメ❤️

 

 

 

素敵な靴は素敵な場所へ運んでくれる。

 

ご訪問ありがとうございます。

 

私の尊敬するイメージコンサルタント田中貴子さん

 

 

2年前くらいにお世話になり、その時の教えを今また噛み締め、実感している。

 

 

良い靴を履きなさい

良い靴は履き主を良い場所に連れて行ってくれる

 

 

f:id:dachs0290:20190526113632j:image

 

 

有名な言葉ですね。

 

貴子先生にも同じことを言われたことがあります。

 

洋服よりも靴にお金をかけなさいと。

 

 

もちろん、頭ではわかっているつもり。

 

だけど、

 

良い靴って、高級ブランド靴?

 

JIMMY CHOOとかChristian Louboutinとか?

 

そんなの普通のOLには贅沢すぎる!!!

 

と、どこか現実的でなかった当時。

 

結局、歩きやすさや合わせやすさで選ぶ。

 

そう、靴は消耗品。。

 

 

だけど、一足だけ長年大切にしているヒールがある。

 

 

ビビットカラーでピンヒールだし、ヒール自体高いし、長時間歩くのはきつい(笑)

 

だけど、足にフィットするから履き心地がよくてお気に入り。

 

 

昨日なんとなく、その靴を久々に履いてみた。

 

身につけた瞬間、驚くほど女性らしい気持ちに。

 

そして鏡に映る足元を見ると、我ながらうっとりするのだ。

 

f:id:dachs0290:20190526114037j:image

 

 

…そうか。この感じ。

 

もちろん高級ブランド靴は細部までのこだわりと、それ相応の価値がある憧れの靴。

 

でも、別に高級ブランドではなくても、足元を美しく見せる靴は素敵な靴。

 

自分の気持ちがこの靴を履くことで高まるから、きっと自ら素敵な場所へ赴くのかと気づく。

 

その靴を履いて夜、彼と街を歩いた時、いつもより優しくされたし(笑)

 

幸せな気持ちにしてくれる。

 

たかが靴、されど靴。

 

 

街を歩く人を見ると、きちんと手入れされた靴を履く人はやはりどこか佇まいが美しく見えます。

 

知性ある美しさを纏う人は、きっと靴の威力をよく存じているのでしょう。

 

 

大人の美容とは奥が深い。笑

 

楽しみましょうね♡

ホンモノを見極めることは自分を知ること。

ご訪問ありがとうございます。

 

今日もこの時期にしてはかなり暑い日ですね〜

 

 

さて、5月よりスタートした

新しい時代『令和』

 

英語で説明すると「beautiful harmony(美しい調和)」だそうで^^

 

素敵な響き。

 

調和…まさに日本人の精神性という感じです。

 

国際化が進み、個性を光らせることが求められている中でも

 

他者との関係性のバランス(コミュニティ)、

自然と文化のバランスを大切にする日本人スピリットはこれからも守っていきたいなぁ…なんて。

 

最近日本人でよかったー!と思うことが多くて

 

こないだも身内の結婚式で着物を着たのですが

 

着物の生地や模様、色彩や色調、帯の結び方、しとやかな髪の結い方

 

そのどれにもトキメいてしまった♡

 

和服の魅力がわかるようになったのも、歳とったということかな^^;


f:id:dachs0290:20190525220945j:image

 

着物もそうだけど、

 

いつの時代も後世に残るものは本物です。

 

まがい物やコピー品は一時的なファッション的な感覚で楽しめばいいけど

 

やはり本物は永久的。

 

だからかな、何かを学ぶときも

その道の第一人者から話を聞きたいし、その人から真髄を学びたいです。

 

残念ながら、本質の一部から切り取ったものや、本質から逸れたものをあたかもそれであるかのように言う人もいるんですよねー。。

 

 

何を選ぶのも、何を信じるのも自由。

 

だけど、選ぶ基準はしっかり持っておく。

私は自身にそう言い聞かせています。

 

とはいえ、たまに損得で考えてしまうとかもある(笑)

 

そんな時は

 

そもそも何のためにそれを選ぶのか?

→別に得するためじゃないよね!

 

自分の心の本質的なところに立ち返ります。

 

 

情報量が多すぎて迷いまくりな現代人は

 

自己を知ることはもはや必須科目です。