旅するように生きる 都会OLのホリスティック美Life

都会の華やかな光やきらめきを追うのが好き。だけど時々立ち止まって自然に身を任せたい時もある。 都会と自然のはざまにある止まり木のように、ほっと一息つける「心地よいライフスタイル」自分を好きになる「美容方法」を発信します。

究極に癒されるアロマトリートメント。

私は今もアロマセラピーと呼ばれる類の学びを続けています。

 

NARDアロマアドバイザーやアロマブレンド

 

そのほか、さまざまな書籍等を読んで勉強中です。

 

  • 成分分析から効果効能を分類するメディカルアロマ
  • 香りから潜在意識にアクセスする心理分析アロマ
  • 心と身体のバランスをケアするホリスティックアロマ
  • 占星術中医学の気を扱うスピリチュアルアロマ

 

 

一口にアロマセラピーといっても、色々ある^^

奥が深いけどだからこそ楽しい!

 

 

そして、その全ての価値を体感するものとして、トリートメントはアロマセラピーの真髄だと思うんですよね。

 

 

セラピストであり、クライアントでもある私自身が

 

一体アロマトリートメントの何に価値を抱いているのか?

 

それは……

 

 

空間そのもの。

 

 

です。

 

 

え?って思われる方もいらっしゃるでしょうけど^^;

 

そうなんです、空間こそが全ての始まりなんです!

 

だからいくらタッチのうまいセラピストさんであっても、技術の高いトリートメントを施されても

 

クライアントが身を委ねるその場に、我を忘れるほどリラックスをさせてくれる空間がなければ、

 

そもそもアロマトリートメントは始まらない。

 

 

f:id:dachs0290:20190907190135j:image

 

 

というのも、最近ふたつのサロンで施術を受けたんですよね。

 

どちらも自宅サロン。

 

 

ふたつのサロンとも、トリートメント室の扉をあけて中に入った途端、

 

まるで違う世界にでも来たような、そんな空気の違いを感じました。

 

あぁ、なんだか心地よくて心がほぐれていく。。

 

 

統一感のあるアイテムの中に、ベッドひとつ。

 

シンプルな配置。

 

照明も自然光も完璧に演出されていて

 

音が一切聞こえてこない。

 

もちろん生活感なんて皆無です。

 

 

オーガニックコットンのガウンを羽織って

 

フットバスで身体を温めてカウンセリング

 

気持ちを落ち着かせるハーブティを飲みながら

 

セラピストと、自分自身との対話の時間。

 

 

この一連のストーリーを作り出すには

 

身を置くその空間が

 

瞑想に入り込めるほどの世界である必要があります。

 

そうして初めて

 

普段思考まみれの私から解放される。

 

ただ、アロマの香りの立ち込める場所であればいいってもんじゃない。

 

世界観やテーマの統一感

 

それらがマッチした時に、本当のリラックスが生まれます。

 

 

究極の癒しって五感で感じるもの。

 

体全体を包み込む空間の中に入った時から、もうアロマセラピーはスタートしています。

 

それから人間の手による触れ合いのアロマトリートメントへと流れていく。

 

このなんとも言えない流れこそ、究極の癒しになる^^

 

 

もちろん、それにはアロマの力が不可欠だけど

 

その話はまた別の機会に♡

語り出すと止まらないから。笑