旅するように生きる 都会OLのオーガニック美Life

都会の華やかな光やきらめきを追うのが好き。だけど時々立ち止まって自然に身を任せたい時もある。 都会と自然のはざまにある止まり木のように、ほっと一息つける「心地よいライフスタイル」自分を好きになる「美容方法」を発信します。

新生活♡引っ越しして人生変わるかも。

お久しぶりの更新となりました。

 

桜の花もすっかり開いて、ようやく春ですね。

 

いよいよ新生活が始まります。

 

そんな私も先月から新生活を始めました。

 

■目次

 

 

 引っ越しました。

 

2月の末に引っ越しました!

 

2月の頭に不動産屋さんへ行って、その月中に引っ越しというスピード感。

 

ほんとにね、通勤ストレスで生理痛はひどくなるし、毎日疲弊して土日はぐったりだし…

 

今思えば、とっとと引っ越せばよかった。笑

 

もうすぐ1ヶ月ですが、かなり!快適で大満足です。

 

通勤が楽になった以上に

ものすごい自分の家が好き。笑


やっぱり、私は一人で家に引きこもるのが好きみたいです。

 

 

引っ越しって断捨離できるし、いろんな思考もスッキリ整理される気がする。

 

現に今、私は今までの引っ越す前の自分とはまた違った人間になった。

 

一見その変化ってわからないけど、思考の変化というか、

 

自分に集中できるようになった。

 

自分が今何を考えているのか

 

どうしてこんな気持ちになったのか

 

その小さな感情の変化にも気がつくようになった。


---


時間とエネルギーには、惜しみなくお金を払う価値があると思う。

 


私の場合、通勤にかけていた往復約3時間強と

 

そこに費やしていたエネルギー

 

それを「家賃」というお金で買った。

 

買った時間で、好きなことをしたり

 

好きなものに囲まれたり

 

有り余るエネルギーでこうしてブログという形でアウトプットする。

 

それは、私が一番やりたかった、日々の時間の使い方。


今、自由にそれを選べる自分になって

 

まるで子どもの時のような自由を感じているのだ。

 


---

嫌なことは、とっととやめちゃう。


よく「好きなことをしましょう」なんて言うけどね、

 

まずは*「嫌いなことをやめましょう」*なんだと思うな。

 

好きなことするにもエネルギーがいる。

 

それを嫌いなことで疲弊しちゃってたら、

 

とてもじゃないけど好きなことをするパワーは残ってない。

 

思ってる以上に疲れてるのに、それにも気づかないで

 

好きだからつい邁進できちゃうのね。

 

でも当然エネルギーは枯渇してくるから辛くなって、

 

好きなことなのに続けられなくなるのが、実は一番つらい。


だからまずは、

 

どうでもいい付き合いとか

 

見栄とか余計なプライドとか

 

自分を苦しめる思考とか

 

仕事であれば無駄な会議とか…

 

そういうの、思い切って捨てるべき。


---

 

勇気を持って「自分中心」に生きる!

 

誰かのために

 

みんなにために

 

そう言われて育った私たち。

 

自分のために生きることに罪悪感を持つ人は少なくない。

 


でも、特に女性は、人のことを考える前に

 

自分が満たされていないと、人をどうにかするなんてできない思うんです。

 

女性の笑顔は幸せを呼ぶって言いますよね。

 

家の中で母親や妻が幸せだと、そのご家庭は幸せとも言われるくらい

 

女性の笑顔ってすべてなのだから。

 

自分のためにできること、考えてみよう。

 

 

今あるものをやめるなんて簡単にできないよと言う人もいるけど

 

だいたい考える前に諦めるから、「できるわけない」だけで

 

考えていけば打破できることがある。

 


私はとにかく満員電車の通勤と付き合いだけの飲み会!

 

できれば家から出たくない。

 

でもそれをやめたら、仕事もいけないし

 

人間関係もギクシャクすると思っていた。

 


だけど、思い切って引っ越しをした。

 

気の乗らない飲み会は断ってみた。

 

そしたら今、こんなに満たされて清々しい❤️

 

 

人間関係もすっかり清算されて

 

その分自分のためにエネルギーを使えるから一石二鳥。

 


思っている以上に環境も状況も簡単に変えられる!

 

それにはちょっとした勇気と思い切り。


自分をもっと大切に

 

もっと自分の声を聞けば、勝手に誰かのためにもなるはずだから♡

 

 

 

環境も整ったので、

また思うことをゆるゆるブログを書いていきたいと思います。