旅するように生きる 都会OLのホリスティック美Life

都会の華やかな光やきらめきを追うのが好き。だけど時々立ち止まって自然に身を任せたい時もある。 都会と自然のはざまにある止まり木のように、ほっと一息つける「心地よいライフスタイル」自分を好きになる「美容方法」を発信します。

MBTI性格診断を受けてみたら、気づきが半端ない。

 

手作りコスメやアロマ・ハーブで“日常をもっと素敵に❤️”

 

社長秘書としてOLをする傍ら

オーガニックビューティセラピスト

NARDアロマアドバイザーでもあります。

 

ナチュラル&オーガニックライフや、

セルフコーチングについて発信しています。

----------*----------
--- Instagramはこちら ---
■■Yuka Nakamura■■

www.instagram.com

 ■■
----------*----------

 

私、気づいたの!!!

 

・・・っていう口癖がひどい(笑)

 

 

そんな私の突然の発言を聞かされる彼には

 

「君はいつも何か‘気づき’があるね」と

(半ば呆れ顔で)言われるくらい

 

「私、(とんでもなく大きな真実に)気づいたの!!聞いて!」(どやッ!)

 

と言っている。

 

でも、コレは大げさでもなんでもない。

 

毎回リアルに気づいてしまっているのだ。

 

何にって?

 

自分自身の本音や本質に。(←大真面目)

 

 

というのも、私は社会人になってからずーーっと

 

本当に10年くらいずっと

 

虚像のような自分の振る舞いと社会の矛盾に

どうしようもない違和感を感じていて

 

それゆえ、仕事に関しては定着度が低い。。。

 

とにかく他の世界も知りたい

色々な常識に触れたい

どこかに私の価値観とマッチする世界がある

なんなら自分が納得できるまで探していくぞ!

 

そんなモチベーションで

転職を繰り返してきた。

 

人間関係はどこでも割と良好で

ほかの人から見れば何不自由ない条件であっても

どこか理想を追い求めている。

 

どうしてこの違和感が拭えないんだろう

他の人みたく続けられないのはなんでだろう

こうも一貫性がない私って、ブレすぎなのだろうか・・

ピーターパンシンドロームか!

 

f:id:dachs0290:20190211134040j:plain

  

 

転職回数が多いことは、

世間ではよくないとされるのもわかっている。

 

飽きっぽい

続かない

慣れたらつまらなくなる

 

こんな自分を

「だからダメなんだ」

「中途半端で何もできない」

そう責めては自己否定して。

 

私のダメダメっぷりを責め立て

エネルギーをどんどん奪っていく。

 

つ・・・疲れた・・><。

 

この生きづらさやなんたるや。

 

でさ、ググりまくるわけですよ。

 

「生きづらい 性格 社会不適合」

 

みたいなの。笑

 

そして私がたどり着いたのは

 

MBTIと呼ばれる

ユングの心理学的タイプ論をもとにした性格診断。

 

16タイプの傾向に分けるので一概に私はこれ!

と白黒決めるのは少し乱暴かと思いつつ

自分を知るための一環としてやってみた。

 

www.16personalities.com

 

 

結果

 

「INFP型」でした。

 

 

INFP型とは

強い感受性を持つ理想主義者で、心の調和を求め、自分の理想やオリジナルの感性に誠実な人です。

人間に対する深い洞察力があり、困っている人の話を熱心に聞き、自分のことのように心を痛めます。
世の中の不公平や矛盾に敏感で、他者の幸福、世界平和などに関心を抱き、そうしたことに貢献しようと奮闘します。

固定観念に縛られず、自由で感性豊かです。ひらめきを信頼していて、物事の本質を素早く見ぬくことができます。ただし、空想的で夢見がちな所があり、非現実的な妄想を膨らませることも大好きです。
自分の理想とする世界観と現実との狭間で苦しんだ経験がある人もきっと少なくないでしょう。

 

引用: 

www.motivation-up.com

 

他の切り口からも様々な診断をしたけど

 

結局同じ結果になるからたぶん間違いない。

 

 

なんか、妙に納得w

 

だけど創造性やアーティストには「??」だった。

 

でも、よくよく考えると

これは社会の生産性や効率的さ、

過去実績ベースを重視すべきと言う

世の中の基準に自分を合わせていたわけで

(これが虚像感につながっていた!)

 

それが息苦しかったり

つまらないと感じていた要因でもある。

 

私の中で0から1というのは

自由であり開放的であり、

なにより自然だと感じる。

 

私はまっさらな自由帳が好きなのだ。

 

ブログも自由に書けるから好きで

テーマが決まったコラムを書くのは途端に面倒になる。

 

作文は好きだけど

読書感想文は好きではない。

 

新しい事業や企画はワクワクが持続するが

ルーティンは眠くてしょうがない。笑

 

そう考えるとその要素はきっとあったんだと

思わぬ自分の発見(気づき)となった。

 

そして16タイプの中でもこのINFP型は

最も今の社会で生きづらいと言われているらしく

 

それもそうだろう、、、

だって芸術や理想主義ってそれだけじゃ稼げないもんね。涙

 

 

とはいえ、あくまで傾向があるというわけで

この結果で私は

 

私、この社会に適していないんで

働きません。(しれっと)

 

とは言いませんw

 

働くのは好きだし

仕事を通して人と関わるのは楽しいから。

 

結局、自分の本質を知った上で

どうありたいか?なんだよね。

 

夢見がちだっていいじゃんね。

夢すら見ない大人よりはずっと面白い。

 

定着しない、いつまでも落ち着かなくてもいいのさ!

だからこそ、淀まずいつまでも若々しく代謝できる。

むしろ、人に気づきを与えるメッセンジャーになれるかも?

 

 

私の気づきとは、

コンプレックスが

実は自分が自分らしくあるために

一番強化していいことだった!

ということ。

 

コンプレックスをさらけ出すことこそが、

これまでさまよっていた私の答えかもしれません。

 

 

この気まぐれブログを偶然読んだくださった方も

思い当たる節はありませんか?

 

コンプレックスが自分らしさの武器になりますよー!

 

偽りの自分を捨てていきましょうね〜