旅するように生きる 都会OLのホリスティック美Life

都会の華やかな光やきらめきを追うのが好き。だけど時々立ち止まって自然に身を任せたい時もある。 都会と自然のはざまにある止まり木のように、ほっと一息つける「心地よいライフスタイル」自分を好きになる「美容方法」を発信します。

コスメの力を発揮させる妄想力。

手作りコスメやってみたいー!

 

って言ってくれる方がいたので、ひさびさに手作りコスメのワークショップを開催しました。

 

f:id:dachs0290:20190505135240j:image

敷くものが新聞紙しかなく、見てくれダサいのは許してくださいw

 

 

しかも今回リクエストをくださったこのお方…

 

「今まで手作りコスメのことは知ってはいたけど、特に興味がなかったんです。でも、ゆかさんを見て私もやってみたくなりました」

 

なんて言われたから(褒め上手👏)

 

私がどれだけ楽しく愛を込めているのかが伝わった気がして、ただただ嬉しい!!

 

 

☑️デパートコスメのヘビーユーザーだった私が手作りコスメと出会った経緯

 

☑️なぜ手作りコスメが好きなのか?

 

☑️手作りコスメによって起きた変化は?

 

☑️手作りコスメの注意点は?

 

☑️そもそもコスメの力、歴史、カラーについて

 

を語りました^^

 

f:id:dachs0290:20190505135855j:image

 

あなたにとってコスメ、メイクとは何でしょう?

 

コスメを使う全ての人に聞いてみたい。

 

 

私にとってコスメは

 

女のスイッチを入れるもの

 

そう、「女」になるものなんです。

 

社会的なマナーとか自信を持つためのアイテムとか

 

そういうのではなく(そういうのもあるけど)

 

 

女になりたい。以上。

 

 

これを紐解くと、、、

 

私は子どもの頃、実はピンクとかドレスを着たお人形さんとか、ロングヘアとか可愛いのが好きだったけど

 

母親がぶりっ子嫌いでして。

 

それを察してか、好きな色は「茶色」とかいうなかなか渋い(?)子だったんですよー…

 

そして女の子らしさを求めることに罪悪感みたいなのもあり。

 

それをコスメが開放してくれました。

 

初めてコスメを手にした高校生の時、

少し背伸びして買ったリップやアイシャドウにときめき、大人の女性になれた気がしました。

 

メイクをして綺麗になる以上に

「あ、女性らしく綺麗でいたいって思っていいんだ」と思ったんですよね。

 

 

だから、コスメやカラーが大好き。

そして手作りコスメは楽だから好き(笑)

 

(失敗すればまた作ればいいから)カラー選びも悩まないし、

落とすのもメイクの手直しも楽チン。

 

罪悪感もないしね。

むしろ地球の恵み(アースピグメント)を材料にしているからか、一体感がある(笑)

 

女要素出したいとき、いつもより少し濃いめに質感をたっぷりにして…とか楽しみながら

 

今度のデートに使う口紅

仕事の日に使うアイシャドウ

休みの日にノーファンデだけじゃアレだから、血色よくするためのチーク

 

そういうシチュエーションを想像して作ると楽しい^^

 

私のように本当は女として輝きたいけど、「今更…」とか、「私なんかが…」とか思う方にはとってもオススメしたいです。

 

素肌もセットで美しくなれるはず^^

 

私は"酒さ"という赤みがひどく出てしまう弱い皮膚&アレルギー体質もあり、すぐに発疹が出るけれど、休みの日はノーファンデで外歩いています^^

 

 

そんなわけで、ただレシピ通りコスメを作るのではなく

 

色々と妄想を膨らませて

 

が大事です^^

 

 

f:id:dachs0290:20190505144857j:image

 

またリクエストあったら開催しまーす。